FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
個人発注した^^イチョウ葉エキスCPです
2007 / 03 / 31 ( Sat )
自分で製造してもらったイチョウ葉カプセル


こうしたものを^^頼むと作っていただけます。
原料の手配から製造までキチンと打ち合わせて、取り組んで
もらえました。20070331183507.jpg

スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

18:38:16 | 健康食品 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明日は、自分で作ったカプセルUPします
2007 / 03 / 29 ( Thu )
明日は、自分で最近作ってもらったカプセルの写真載せます
お楽しみに^^

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

23:52:34 | 健康食品 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
健康食品は海外の文献も参考にしましょう
2007 / 03 / 29 ( Thu )
健康食品 は 海外 の 文献 も 参考にしましょう

多くのサプリメントは、海外から来たものが多いようです。
よって、海外のサプリメントの商品説明ページや文献も参考にしたほうが、良いと思います。
私が品質管理していた頃は、翻訳ソフトもあまり良いものがありませんでしたが、最近はYahooやライブドア、また、エキサイトなどWebページをそのまま訳しながら、検索できますので、参考にしてください。
HPの多くは英語で書かれていますが、医薬関係はドイツ語で書かれているものも、多くありますので、ライブドアの翻訳機能を使うと
良いと思います。前にも、話したように銀杏の葉エキスは、ドイツなど
ヨーロッパでは医薬品ですが、アメリカや日本では、サプリメント扱いです。臨床試験など参考にしたい場合は、ドイツのHPを参考にすることも必要だと思います。

今回は、上手に翻訳できているか判りませんが、日本語と英語そしてポルトガル語で掲載してみたいと思います。

誤字脱字や翻訳ミスございましたら、ご連絡いただきたいと思います。
14:00:00 | 健康食品 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
健康食品 は 本当に健康になるの
2007 / 03 / 29 ( Thu )
健康食品は、個人で目的にあったものを採っていると思いますが
ある程度、自分で知識を持たないといけないと思います。
良く、集団で説明を受けて高い物を買う場合もありようですし
セールスの人が来て買う場合もありますね。
基本は、自分に合った食品を食べ物で採ることが
一番よいのですが、中々出来ないことが現実ですね。
基本は、漢方薬品を考えてもらえばよいと思います。
だから、きっとガンなどは治ることはないんじゃないかと思います。
限度として、痛みの抑制は、グルコサミンで抑えられることは
実際に飲んで実感しております。イチョウの葉も飲んで直ぐ血の巡りが
よくなることを体感しました。
ただ、プロプリスは、おなかの中の良いも悪いも細菌類を死滅させて
しまうので、適度に飲んでおなかの中に、ビフィズス菌など育てることも大切だと思います。
偏った効果があることも熟知して、摂るように心がけたいと思います。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

00:27:17 | 健康食品 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
健康食品とぶけい剤
2007 / 03 / 27 ( Tue )
今回はブケイ剤について、話したいと思います。
ブケイ剤は、充填時の流動性や混合性などを向上させるために
入れます。また、見方を変えれば主原料だけでは、1つの錠剤にしたら
小さく見栄えも悪くなるので、量を増やすためにも使われています。
たとえば、ソフトカプセルには大豆油やサフラワー油また米油などを
使って、流動性を上げ、蜜蝋などを加えることにより分散性と凝固を
防いでいます。蜜蝋は高価なので類似品を使用する場合が多いようです。ソフトカプセルは、OIL物の原料意外は固形物を入れる場合
内容量の30%ぐらいしか主原料は入れられず。そのほかはOILを
入れています。また、ビタミンE配合とか良く見ますが、摂取する方のことも考えておりますが、そのほかの目的として、防腐剤の使用を
禁止されたりしてる観点から、内容物の酸化防止剤として使用されております。どこかの目薬もビタミンE配合とかうたってますが、
酸化防止が主な目的で、せっかく入れたのだから消費者には
その効能を前面にうたってる場合もあるようです。
原料ばかりに気を取られないように、しっかり、他の内容物にも
気を配っていただきたいと思います。
科学的に合成されたビタミンEは安価でよく使用されるようなので
摂取されてる方は、合成ビタミン類のマイナス面も覚えてもらったほうが良いと思います。

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

04:57:02 | 健康食品 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
2007 / 03 / 25 ( Sun )
ソフトカプセル及びハードカプセルの主原料はゼラチンです。
日本には宮城ゼラチン・ニッピセラチン・新田ゼラチンなどがあります。ゼラチンの使い方ですが、写真のフィルムの感光剤や接着剤などの
用途も食用以外にあります。簡単に言うと膠(にかわ)です。
詳しくは、各社HPをご覧ください。
このソフトカプセルには、グリセリンなども季節などにより調整して
入れてありソフト感を出しています。
今だと、口臭剤で丸いのがありますが、あれも回りはゼラチンです。
お菓子には、良く使われてますね。
宗教で牛やブタなど食べないとこの方は、そのようなお菓子も
食べないようです。
カプセルの充填機でゼラチンシートを2枚作って金型で会わせながら色々な形状を作りながら原料を打ち込むように充填して作ります。
見たことない方多いと思います。
http://www.nakanihon-cap.co.jp/introduction/soft.html
ここを参照してください。
サンプル製造も可能です。
その前に原料も必要ですので、ご要望ございましたら
私のほうへお問い合わせください。
23:18:15 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
健康食品は個人でも作れます^^
2007 / 03 / 24 ( Sat )
健康食品は、個人で製造可能です。少量も可能なんです。
錠剤・ハードカプセル・ソフトカプセル(色んな形状に)など
また、PTPシートに入れることも可能です。
ただ、作るにあたって、形状にもよりますが、全重のなん%とか原料に
最寄ますが、ありますのでその点は、注意が必要ですね。
費用も掛かりますが、成分調査や細菌の有無も検査できます。
あまり、個人向けはやってないのが現状ですが、私のように
個人で製造してもらうこともできます。
これからは、自分に合った食品を安心できる製造工場で作って
もらえたら良いと考えます。

テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用

20:47:50 | 健康食品 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
イチョウ葉エキスも注意が必要
2007 / 03 / 22 ( Thu )
先ず、ドイツでの動物実験ですが、安全性は証明されてますが、
急性毒性について:体重60kgヒト換算で12,000~15,000粒相当をウスにいちどきに大量にイチョウ葉エキスを経口投与しても
 致死量が確定できなかったと報告されています
マウス実験で(マウスの体重37~42g)にイチョウ葉エキス約6.25g/kgを餌とともに4週間分に分けて経口投与した結果、
 死亡例は1例なく、赤血球と白血球にに関する異常な症状はなく、
マウスに大量の大量にイチョウ葉エキスを経口投与しても
致死量が確定できなかったと報告されています。
 これを、仮に人体体重60Kgの人が一度に、12,000~15,000粒飲んでも安全が確認されたということで、高い安全性が確認されています。
ちなみに マウスの致死量は、体重1kg換算で、食塩8~10g、ビタミンB13g、乳酸は、3.7gです。
ちなみに、犬やラットにラットと犬に毎日一定量のイチョウ葉エキスを半年間のにわたって
与えた結果、生物学的、組織学的、血液学的のいずれからみても
何の障害も認められなかった。また生殖毒性や発癌性もありません。

ラットと犬に毎日体重1kgあたり20mgと100mg経口投薬し、その後、300mgと400mg500mgと量を増やして20週以上の長期投与実験が続行われても内臓障害が認められず特に気になる腎臓や肝臓にも障害は認められなかったそうです。

保存も心配な点ですが、粉末又は錠剤で3%以下の水分で暗く冷たい場所に保存すればOKです。ただし、冷蔵庫など極端に冷たい場所だと
湿気の多い時期には、開封時に結露を起こす危険もあるので
極端な冷却を行った場合は、瓶やアルミのチャック袋など開封前に、常温に戻してから開封するよう、心がけてください、錠剤や粉末に限らずソフトカプセルやハードカプセル又イチョウ葉エキスにかかわらず
十分注意してください。

あくまで、健康食品は自己責任で召し上がる(ほんとは、大抵の方は噛まずに飲むようですが、薬事法で召し上がると表記してあります)ように致しましょう。

色々なメーカーから販売されていますが、ゆっくりと吟味がしてください。

私の場合は、オリジナルですが、オリジナルの健康食品を作ってみたい方は、ご連絡ください。製造可能です。

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

19:23:54 | 健康食品 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
イチョウ葉エキスってなに 健康食品 イチョウ葉
2007 / 03 / 18 ( Sun )
イチョウ葉エキスは、1966年にドイツで医薬品として認可され、ヨーロッパ始め各国で老人性痴呆症や、脳卒中、糖尿病などの血管障害の治療薬として医療現場で使われ一般の薬局でも市販されるようになりました。
 日本国内では、栄養補助食品として販売されています。
どうして、日本で医薬品ではないかいかというと医薬品の認定規定が日本とヨーロッパでは異なるからなんです。
ヨーロッパでは、実際に効果があり副作用のないことが証明されれば医薬品としての許可がおりるんですが。日本ではイチョウ葉エキスに含まれるひとつひとつの成分の作用を解明して、尚特定の症状に対するイチョウ葉エキスの効果を証明できて初めて薬として認めらます。
 イチョウ葉エキスの成分は無数にありその薬効を個々に証明するには膨大な月日が係り、イチョウ葉エキスはテルペンやフラボノイド以外の未明な成分も絶妙に絡み合ってその効果を発揮するため、ひとつひとつの成分を解明することは困難です。こで日本では栄養補助食品として販売されているのです。

臨床試験の結果などHPから容易に見つけることができます。
今回作ったカプセルにはイチョウ葉エキスが150mg入っています。

全量で250mgなので残りはサントリービール酵母が入っていて
成長効果もあります。

お母さんですが、まだ2ヶ月くらいなので完全に元に戻ったわけではありませんが、笑顔も出るようになり、料理も以前のような味になって
回復の兆しが出てきております。

臨床試験からも3ヶ月は様子見ているようなので、あと1ヶ月くらい
飲んでもらおうと思っています。

私適には、イチョウ葉エキスの効能は確かにあると実感しました。
お医者さんからもらうお薬は、改善と言うより症状の進行を止める

また、やたら行動しないように、やる気を無くさせる成分のお薬が
処方されております。

もう1ヶ月で症状がよくなったら、先生と話して、病院からの
お薬を中断してみようと思います。

結果は、その頃書いてみたいと思います。


テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

22:06:46 | 健康食品 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お母さんが。。。 イチョウ葉エキス 健康食品
2007 / 03 / 17 ( Sat )
当家のお母さんが痴呆症に掛かったようです。
料理の味、特に味噌汁の味が濃くなったり薄くなったり
そして、あんなに美味しかった煮物の味もおかしくなってきました。
今年のお正月は、お雑煮の味が別物になってしまい。
家族中大変心配しました。
去年の暮れ一度お医者さんに言ったのですが、
1月の15日頃また、お医者さんへ行って、症状が進んでいることを
伝えました、お薬も頂いてき来てましたが、改善の様子が見られなく
やる気もなくし、家の中でごろごろする
日々が続いていました。そこで、以前健康食品の会社に勤めたときに
処方した。イチョウハエキスのカプセルの存在に気づき、飲んでいただくことにしました。このイチョウハエキスは、1カプセルにドイツの医薬品報告書を参考に痴呆患者が摂取する1日分が入っています。
1カプセルで原価で500円以上する健康食品です。
イチョウハエキスはドイツでは医薬品ですが、日本やアメリカでは
健康食品の部類に属しており、今現在でも原料を入手することが可能です。そこで、1月の20日から今日まで飲み続けてもらった結果
2月20日の約一ヶ月で、ごろごろしていた。行動が改善され
掃除をしたり、洗濯をしたりするまで、改善されました。
今日現在では、お料理も始め、お味も戻ってきたようです。
完全に回復はしておりませんが、以前より格段の違いで
症状が良くなっています。
同じ症状でお悩みの方おりましたらご連絡ください。
あくまで、民間レベルですので、医学的にどうとかは
ドイツの医学関係のHPをご覧ください。

この次は、今お医者様から処方されている薬について
書いてみたいと思います。

テーマ:ダイエット・美容・健康 - ジャンル:ライフ

21:37:22 | 健康食品 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヒアルロン酸は鶏の鶏冠 健康食品
2007 / 03 / 05 ( Mon )
ヒアルロン酸は、鶏の鶏冠から多く得られます。
よって、スーパーよりもニワトリの専門店やお肉の専門店で
頭ごとになりますが、飼うことが可能です。
100g50円とか100円とか
とにかく安いです。冷凍になっているので解凍して、鶏冠を
切り落とします。残った頭の部位は必要ないので捨ててしましますが、
ペットのえさなどに利用してもいいですね。
さて、この鶏冠を流水で洗って、ゆっくり煮出すと、ヒアルロン酸を得ることができます。また、炒めたり、焼いたりしてもおいしいので
お試しください。高い健康食品を買わなくても、おいしくプリプリのお肌と関節痛等の緩和に十分よい結果が得られています。
週に1回ペースで鶏冠を30gくらい食べれば十分見たいです。
是非、挑戦してみてください。
次回はグルコサミンとサメ軟骨について、書かせていただきます。

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

19:19:55 | 健康食品 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。